上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタボリックシンドロームブログ なかなか更新できなくてごめんなさい。

ゴールデンウイークがおわって、運動する習慣が続いたかというと・・・やっぱり続きませんでした。
やっぱり仕事で忙しくて、帰るのも遅いサラリーマンは、メタボリックシンドローム予防のために運動しようと思ってもなかなか続かないね。

まずは、運動習慣をつけるために自己啓発に取り組む必要があるのか?

まあ、自己啓発はよしとして・・・

運動以外のところで取り組めることに取り組むことにしました。

朝の食事をフルーツメインにしたってことです。

これは、ジェームス・スキナーの「成功の9ステップ」という本を参考にしたんだけど、この人は成功オタクなだけでなくてかなりの健康オタクだね。このひと、日本にオフイスを持っていて、この本を始めとしていろいろ成功哲学に関してのセミナーとかしているみたいだし、関心のある人はググってみては?

運動と食生活の改善で、この人は16キロもの減量に成功しています。その秘訣の一つが、朝食をフルーツ中心にすること。この人によれば、水分含有量が多い食べ物をとることで、体に必要な活力が得られるんだそうな。肉類は、人間の腸が肉の消化に向いた構造をしていないので、食べないほうが良い、とのこと。


ベジタリアンにはなれって言われてそう簡単になれないけど、朝食でフルーツのヨーグルトあえを入れたことで、最近お通じはいいよ。リンゴダイエットみたいなものもあることだし、メタボリックシンドローム予防や改善にもいいかも。
スポンサーサイト
メタボリックシンドローム解消には林檎に含まれる成分がいい、という記事をネット上で見つけた。
「りんごポリフェノール」の主体である「プロシアニジン」が脂肪燃焼と吸収を抑制する働きを持っているとのことだ。

プロシアニジン(=リンゴポリフェノール)の働きは、
・脂肪の消化、吸収を抑制
・血液中のトリグリセリド(中性脂肪)の低下
・肝臓での脂肪合成を抑制
・体内での脂肪蓄積を抑制

といった効果があるようである。特に中性脂肪が高い人にはよさそうだね。

また、アサヒビールが行った研究では、リンゴを12週にわたって食べ続けることで、メタボリックシンドロームの予防・改善が期待できるという研究結果が出たそうである。

昔、リンゴダイエットというのがはやった時期があったけど、あれってこのリンゴのダイエット効果に期待した部分もあるんだろうね。だだ、あれは食事はリンゴ以外がまんする、とかいう奴だったから、確かに痩せるんだろうけど、栄養が偏ってあまり健康にはよくなさそうだね。基礎代謝が落ちてリバウンドとか起きそうだし。

ただ、リンゴを一日一回食べる!というのは、ダイエットには欠かせないものになるかも。
メタボリックシンドロームの人の合言葉だね。

それに、メタボリックシンドロームの人は、おなか周り以外に、血圧とか血糖値に問題があるパターンの人もいるから、そのような人はりんごにこだわるよりは、別の必須アイテムがあるかもしれないね。その辺は探してみるから、乞うご期待。
メタボリックシンドロームの解消方法として、少しずつウオーキングを始めている。
食後とはいかないが、休みの間、朝起きた後20分ほど歩くことを日課にしてみた。やってみると、結構気持ちいい。朝の光景はそれだけですがすがしいし、ストレス解消には持ってこいかもしれない。まだ始めたばっかりだけど。GW終わったらこの習慣はもつんだろうか?

結構がんばり始めたけど、でも、まだ夜寝る前にはビールを飲んでる。風呂上がりの一杯だけはやめられない。おれだけじゃないよね?痩せるためにダイエットしようと思っているくせに、酒は止められない人は。


そういえば、メタボリックシンドロームとアルコールの関係はどうなんだろう?

ちょっと調べてみると、どうもアルコール摂取によりカロリーオーバーになる原因になる
ことがいけないらしい。特にアルコールとおつまみ、酒のさかなをとりすぎることで、肥満の原因となるようだ。酒の肴は、カロリーの高いものばかりなので当り前の話だが。

また、アルコールは、尿酸値を上げるし、血糖値を下げにくくする。血圧も、少量ならば
よいが大量に飲むと上げやすくなるらしい。(少量毎日少しずつ飲むのは、逆に心臓病になりにくい、というデータもあるようだが)

まとめると、酒はほどほどに、おつまみも取りすぎないように、ってところか。
私の場合は、尿酸値もちょっと高いので、ほんとはビールを毎日飲むのはやめたほうがいいんだろうけど。

まあ、よしとしましょうか。

テーマ : 病気 - ジャンル : 日記

 メタボリックシンドローム予備軍の俺としては、まずウエストを減らさんといけない訳よね?ってことは、ダイエットしないといけないじゃん!

 メタボリックシンドロームの人のダイエット対策として、あるサイトにこう書かれてあった。

 『毎食後30分に、20~30分のウオーキングをして、一日一万歩(約300kcal)を目指すのが理想です。まず食べたあとは体を動かす、という感覚を身に着けることから始めましょう』

 運動もハードな筋力トレーニングよりも、始めはゆったりペースの有酸素運動で始めるのが理想のようだ。もちろん、筋肉量を増やす筋トレも、基礎代謝を増やして消費エネルギーを増やし、脂肪を燃焼しやすくする意味ではいいらしいが、私のように少し尿酸値が高い人間にはいきなり筋力トレーニングに取り組むのはよくないらしい。

 この辺は人によってだいぶ違うようだ。

 それにしても、え?毎食後?ちょっとハードルが高いんじゃない?仕事がある人間にとっては、特に昼飯の後ウオーキングするなんてムリだよ。

 夜だってしょっちゅう残業や接待が入るし、朝だって前日の酒が残っていることがよくあるから、かなりムリがあるって。

 でも、職場の上司が、週末2~3時間のウオーキングと食事療法で、約1年で体重15キロ減で、高血圧だったのも安定した、とか言ってたな。

 現実的には、週に数回、できるときにはきちんとウオーキングなどの運動をやる、というのがいいのかな。

 メタボリックシンドロームの人に悪さをする内蔵脂肪は、皮下脂肪より運動や食事によって落ちやすい、ということもよく言われているみたいだし、ちょっとやってみようかな。

 まず、土日30分歩いてみることから始めるか。そんで少しずつ増やしていこう!

 ・・・書いちゃったよ。ここで宣言をしたからには、少しはやんないと。

 目標を立てよう。『夏本番までにダイエットしてウエスト85cmを切る!』

 まだまだ水着は恥ずかしいウエスト(爆)ではあるが、ま、よいでしょう。

テーマ : ダイエット日記 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。