上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 メタボリックシンドローム対策には、生活習慣病予防のためにも、運動は必須。前回の記事で、厚生労働省が、増加する生活習慣病を予防するために「健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>」を昨年7月に発表したことを紹介したけど、そのなかの運動量をスポーツで行うとすればどれくらいの運動が必要なのか、今回の記事で紹介しようと思う。

 おさらいだけど、メタボリック対策のための運動量の目標というのがあって、、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!そのうち4エクササイズは活発な運動を!ということになっていたよね。

 では、メタボリック対策のための運動量の目標の中にある、1エクササイズに相当する活発な身体活動とはどういったものなんだろう?

 まずは運動に関する項目を説明するよ。

・軽い筋力トレーニング、バレーボール:20分
・速歩、卓球:15分
・軽いジョギング、バスケットボール:10分
・ランニング、水泳:7から8分

 これが、『活発な運動』で1エクササイズ。これを週に最低4回はやって、あとは日常
生活の運動と合わせて合計23エクササイズにすればよい、ってこと。

 この運動指針は健康成人を対象としているんだけど、持病のある方はかかりつけの医師に相談し、安全に運動を実施することがベター。メタボリック対策のために安全に運動を継続することが大切だし、とくに糖尿病や高血圧と合併しているような人は、急激な運動は危険な場合もあるから注意が必要だね。
スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メタボリックシンドローム対策には生活習慣病予防のための運動が欠かせないのは当然だよね。厚生労働省は、増加する生活習慣病を予防するために「健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>」を昨年7月に発表しているんだけど、この運動指針は、安全で有効な運動を広く国民に普及することを目的に、現在の身体活動量や体力の評価、目標の設定方法、運動内容の選択などについて具体的に示しているんだ。

 そのなかに、メタボリック対策のための運動量の目標というのがきまっているんだ。健康づくりのための身体活動量の目標というのがあって、その内容は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!そのうち4エクササイズは活発な運動を!というものとなっている。

 
 メタボリック対策のための運動量の目標における、「身体活動」とは、「安静にしている状態より多くエネルギーを消費する全ての動き」と定義され、「運動」と「生活活動」に分けられる。

 ちょっとややこしかったかな?

 どういうことかというと、1エクササイズというのは、安静にしている時の運動量(1メッツ)を1時間続けた時の運動量を示している。たとえば、ウオーキングは3メッツで、これを1時間やると3エクササイズ。毎週積極的に運動を行って、運動を行った量が週に23エクササイズになるようにしましょう、ということ。3メッツ以下の強度の運動は23エクササイズの中に含めてはいけない。日常生活のなかで3メッツ以上の運動は結構ある(たとえば、重い荷物を運ぶのは8メッツ)ので、生活活動のなかの運動は23エクササイズに数えてもいいけれど、せめて4メッツは活発な運動をしましょう、ということ。

 メタボリック対策には、運動と生活活動を組み合わせて週23エクササイズ、そのうち4エクササイズは運動を行うことを目標とするわけだけど、普段運動する機会がない人には結構多い運動量。しかし継続することが重要なので、無理をせずに日常生活の中でエレベーターを使わずに階段を利用したりして生活活動量を増やしたり、ライフスタイルに合わせた運動を行うことが推奨されている。

 階段昇りは6メッツで、10分やれば1メッツだから、毎日オフィスで階段を利用するようになれば週に10メッツ位行く人もいるんじゃない?

テーマ : 健康で過ごすために - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メタボリック対策にはメタボリックシンドロームに着目した健診や保健指導が不可欠だと厚生労働省も考えているみたいだね。現在、生活習慣病の患者さんやその予備群が増加しており、生活習慣病が死亡原因の約6割、国民医療費の約3割を占めているというから、それも当然。このため生活習慣病の予防、特に、健診による予備群の早期発見と保健指導の徹底が重要と厚生労働省が考えるのも当たり前かも。

メタボリックシンドロームは内臓脂肪肥満が生活習慣病の共通の要因となってるから、厚生労働省は、平成20年4月から医療保険者において40歳以上を対象にメタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導を行うように指導している。これにより、平成27年度には平成20年に比べて糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を25%減少させることを目標としているんだけど、おそらくそう簡単にはいかないだろうね。

メタボリックシンドロームは過食、飽食などの食生活、運動不足などの長年の不健康な生活が原因なことは間違いのない事実。便利で豊かになった生活が不健康な生活習慣だった場合には、命を脅かしかねない病気の温床となっているのも皮肉な話だけど、実際この流れは生半可なことじゃとめられないよ。最近は、内臓脂肪蓄積肥満の若年化も心配されてるし、沖縄なんか米軍基地があるから若い人のメタボリックシンドロームが原因の、心臓病や脳卒中による突然死が異常に多くなって、長いこと長寿県だった地位から転落したのは有名な話。

相当気合を入れてメタボリックシンドローム対策を立てていかないと、日本全国で沖縄と同じ状況になる可能性がある。メタボリック対策は子供から大人までの全世代に渡って、気をつけていかねばならない、最優先課題といえるだろうな。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

メタボリックシンドローム対策には食事療法や運動をすることが大事。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積と、それが原因でおこるインスリン抵抗性(血糖値を下げるインスリンという物質の効きが悪くなって、血糖値がなかなか下がらなくなること)及び糖代謝異常(血糖値の自己コントロール異常)、脂質代謝異常(血中のコレステロールや中性脂肪が上昇したままになること)、高血圧を複数合併するマルチプルリスクファクター症候群(簡単にいえば、いくつもこれらの危険因子が重なっている状態)で、動脈硬化に非常になりやすい。

メタボリック対策が必要な人達は厚生労働省の平成16年国民健康・栄養調査によると、40歳から74歳の男性2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームが強く疑われるかその予備群と考えられ、日本の同年齢における有病者数は約940万人、予備群者数は1020万人、併せて約1960万人(!)と推定されているんだって。

メタボリックシンドロームの診断基準は前回説明したとおり、腹囲が男性で85センチ以上、女性で90センチ以上であること。また①脂質が中性脂肪150mg/dℓ以上、またはHDLコレステロール40mg/dℓ未満の人。②空腹時血糖が110mg/dℓ以上の人。③収縮時血圧(上の血圧)が130mmHg以上、または拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上、これら①から③までのうち2つ以上が当てはまる場合にメタボリックシンドロームと診断される。

メタボリックシンドロームでは、虚血性心疾患や脳血管疾患などの動脈硬化症疾患を発症する可能性が非常に高いので、危ないんだということは以前ここでも書いたよね。そのため運動習慣の徹底や食生活の改善など生活習慣の改善により内臓脂肪を減少させ、それらの発症リスクの低減を図る必要があるんです。その目安がウエストのサイズ、というわけ。

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : メタボリックシンドローム 内臓脂肪

メタボリックシンドローム対策をおこなうには、自分がメタボリックシンドロームなのかチェックすることが必要になってくるよね?では、自分がメタボリックシンドロームなのかどうかチェックするにはどうすればよいか?

 前にもここで紹介したけど、メタボリックシンドロームにはちゃんと診断基準が日本の日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会の8学会が決めてるそうな。

簡単に言うと、へその高さの腹囲と血液中の脂質や空腹時血糖、血圧の値を組みあわせて判断するんだ。

 メタボリックシンドロームなのかのどうかのチェックの具体的数値は、腹囲が男性で85センチ以上、女性で90センチ以上であることが、メタボリックシンドロームの条件。

 メタボリックシンドロームなのかのどうかのチェックの具体的数値は、それに加えて①脂質が中性脂肪150mg/d?以上、またはHDLコレステロール40mg/d?未満の人。②空腹時血糖が110mg/d?以上の人。③収縮時血圧(上の血圧)が130mmHg以上、または拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上、これら①から③までのうち2つ以上が当てはまる場合にメタボリックシンドロームと診断される。

 ちょっと中年ぶとりのおじさまたちなら、全部当てはまりそう。

 
 メタボリック対策は厚生労働省も早急な課題として取り組んでいる問題の一つ。ある調査では、40歳から74歳の男性2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームか、その予備群だったんだって。

 メタボリックシンドロームになる前に、適度に運動したり、食生活に気をつけて、お腹周りに過度に脂肪がつかないようにお互い気をつけようね BYウエスト90の男

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。