上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタボリックシンドローム対策、生活習慣病予防のための運動として、今回も厚生労働省が増加する生活習慣病を予防するために昨年7月に発表した「健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>」のなかから、どの位の運動をすればいいのか紹介したいと思うんでよろしく。

 この運動指針は、まえにも書いたけど安全で有効な運動を広く国民に普及することを目的としていて、現在の身体活動量や体力の評価、目標の設定方法、運動内容の選択などについて具体的に示している。

 メタボリック対策のための運動量の目標として、健康づくりのための身体活動量の目標というのが定められているんだけど、その内容は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!そのうち4エクササイズは活発な運動を!というものとなっていて、運動不足のおれみたいなサラリーマンには結構ハード。

 メタボリック対策のための運動量の目標の中にある、1エクササイズに相当する活発な身体活動とはどういったものなのかもちゃんと定義されていて、実際の生活活動に関する項目を見るとつぎのようになってた。

・歩行、車の荷物の積み下ろし:20分
・自転車、子供と遊ぶ:15分
・雪かき:10分
・重たい荷物を運ぶ:7から8分

 これで1エクササイズ。これを23エクササイズって結構ハードだと思う。だって、子供と週に6時間も動き回って遊ばないといけないんだよ?でも、おとなしい子供だったらどうするんだろう・・・

 この運動指針は健康成人を対象としていて、持病のある方はかかりつけの医師に相談し、安全に運動を実施することが必須。メタボリック対策のために運動するっていっても、それがもとで体を壊してたら話にならんしね。
スポンサーサイト

テーマ : メタボリック・シンドローム - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。