上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 メタボリック対策には内臓脂肪型肥満を防止することも大切ですよ。

 肥満には、洋ナシ型といわれる下半身肥満とリンゴ型といわれる上半身肥満タイプがあります。洋ナシ型とは、下腹部や太もも、お尻に脂肪がつきやすい、ほとんどが皮下脂肪型肥満をいい、女性に多い。りんご型とは、特にお腹まわりに脂肪がついている。このリンゴ型肥満というのが、内臓脂肪が多く溜まったメタボリックシンドロームの典型というわけ。

 内臓にのみ脂肪がついていて、ほかの場所には脂肪がついていない、なんていうのは、服装などでふとっていることは結構ごまかせるんだけど、じつはキケンな状態なのだ。

 メタボリックシンドロームに該当する人は、腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上になると内臓脂肪面積が男女ともに100平方センチ以上あると推定され、健康上の危険領域に足を踏み込んだ状態なのだ。

 メタボリックシンドロームは内臓脂肪が非常に問題になる。小腸などの内臓の周囲に蓄積された内臓脂肪が怖いのは、動脈硬化を抑制する作用のあるアディポサイトカインという物質の正常な分泌を妨げることによる。その結果、動脈硬化が進み、糖・脂質代謝異常、高血圧になり、やがて重篤な心血管疾患等をひきおこすのだ。こわいですね。

 もしふとっているなら、自分がどのタイプの肥満にあたるのか、チェックしてみるといいんじゃないかな?ウエストの脂肪が極端に多いなら、これ以上内臓脂肪が蓄積していかないように早めに手をうったほうがいいっすよ。
スポンサーサイト

テーマ : メタボリック・シンドローム - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 洋ナシ型肥満 リンゴ型肥満

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。